websdesignbyjan.com

みんなが集まったじいちゃんの葬儀

葬儀を行う際に絶対に行わなくてはならない行為は

みんなが集まったじいちゃんの葬儀 最近は生きてる間から自分自身が逝った後の葬儀をどうするべきかを考えて具体的なプランを作り上げる、いわゆる終末活動、世間では略して終活たるキーワードがある意味流行りつつあります。この活動をしておけば、自分が逝った際に残された遺族の人たちがどう葬儀をやればいいか戸惑ったり揉めたりなどしないでいいというメリットがあります。そして実際に一部のお葬式業者ではそれらのセミナー活動を時折展開しています。

その生前からの活動をすることには賛否両論いろいろありますが、いずれにしても人は必ず逝くときがやってきます。そうなった際に思想がどうあれ真っ先に絶対に行わなくてはならない行為がやってきます。それは遺体に着せる衣装をどうするかとなります。お葬式をする際はほとんどは逝った瞬間の衣装のままでは執り行いません。スタッフにより一番ふさわしい衣装がないか探すようにと指示されます。そのためなんの準備もしておらず、どの衣装が最適か、そして衣装の場所すら把握していなければご遺族は慌てることになります。かといってひたすら待たし続けるわけにもいきません。ということで慌てないためには最低限として、故人のふさわしい衣装がどれでどこにあるかを把握して決めておくことが必須な条件となります。なおこれまでの時代は和式の着物を着ていた時代の高齢者が多かったので着物が指定される場合が多かったですが、これからの時代は着物すら北のことない時代の人が増えてきます。そのためもし終活などする、あるいはお葬式業者のスタッフと接触する機会があるのであれば、様式衣装の取り扱いなどをいかにするかなどの相談もしておく必要も生じます。

Copyright (C)2020みんなが集まったじいちゃんの葬儀.All rights reserved.